全球観察

全世界の様々なトレンドを記録していきます。

書評『アマゾンVSウォルマート ネットの巨人とリアルの王者が描く小売の未来』

アマゾンに関してはある程度知っていることが多かったですが、ウォルマートがここまでデジタルに投資しM&Aしまくっている会社だとは知らずビックリしました。テクノロジーへの投資が毎年5000億円程度のようです(p76)

 

ウォルマートECサイトを色々触ってみましたが結構面白かったです:

- ルイヴィトンの中古のバック (P112ではスレッドアップと連携したことを紹介していますが、他のマーケットプレイスとも連携している模様です)

https://www.walmart.com/search?q=louis+vuittan (louis vuittanで検索)

 

- 無印良品の商品  (直販ではなく、サードパーティーの出品のようです)

https://www.walmart.com/search?q=muji

 

- ナイキの直販 (ナイキはamazonから撤退。マーケットプレイスから買える)

https://www.walmart.com/ip/Nike-Women-s-Air-Zoom-Vomero-16-Running-Athletic-Sneakers/1600421573

 

この本ではPBの話があまり出てきませんでしたが、p60にあるようにサプライヤーと協業して営業計画を作りevery day low priceを実現しているらしいのも興味深いです。また、そのために膨大なデータをretail linkというサイトを通じてサプライヤーに提供しているとのことです。

 

一方のamazonですが、p49にあるように2021年12月の段階で物理店舗の数が100店舗になっていたことが一番ビックリしました。amazon 4 star,amazon go,amazon books,amazon popup,amazon fresh,amazon groceryなどの多種多様な形態でそれぞれ数店舗~30店舗ほどのようです(ただ、2022年12月に検索してみると結構閉店してます)。

なお、p179ではそうした物理店舗兼倉庫みたいなフォーマットのamazon freshではもはや買い物客よりパーソナルショッパーが多かった体験から店舗の出店戦略にも影響するのではと書いていますが、そこまでのインパクトはまだ感じていないところです。パーソナルショッパーは買い物代行というよりもオンデマンド型の短時間宅配として理解した方が良いようです(p119)。

 

いずれにせよ、セブングループのオムニチャネルではないですが、リアルとバーチャルの小売が融合しているトレンドを凄く感じました。
ちなみに、アマゾンは小売の領域を超えてtoC向けに色々しており、いわゆる「アマゾンエフェクト」として恐れられていますが、結構失敗も多いように感じています(例えば、アメリカの不動産仲介業者リアロジーとの連携)。とはいえ、アマゾンのような挑戦者が居ることで、その分野が活発になる気もするので期待したいです。

 

コストコのcccが-1.1なのもビックリしました(p54)。独特の商品が多い気がしているのですが、結構すぐに売れてしまうのですね。

「食品」が小売業の肝である観点から、ドン・キホーテがユニーを買収した理由もわかった気がしました。次はドラックストアでしょうか。

 

書評『運は創るもの』

97ページの札幌一号店を見て、良くこんなに大きくしたなと思わざるを得なかったです。221ページの工場運命進出も何というか意図したというよりは正しく運を創っている感じがしました。212,233ページにあるように北海道の中小企業がスイス銀行にCBを引き受けてもらっていたのも不思議です。

251ページにお値段以上ニトリのCMは2004年頃始めたとさらりと書いていますが、以後18年以上このタグラインである一貫性が凄いと思いました。
ただ、この本を読んで、どちらかというと、ニトリの最大のマーケ戦略は「価格」であると再認識しました。店員の接客やブランドイメージなどの販売力ではなく、比較的品質の良い商品を手軽に購入可能にするための、バックヤードのイノベーション(店舗立地、商品構成、仕入れ、在庫管理、倉庫管理、工場管理etc)に似鳥氏がフォーカスしたことが最大の成功要因だったのでしょう。
2022年現在でも顧客向けECサイトがかなり使いにくいと感じていますが、80年代に在庫管理システムを大型コンピュータからパソコンに切り替えるための社長直轄の一年ぐらいのプロジェクトがあったこと(175ページ)などその一例でしょう。

何故日本の家具会社No.1が北海道からだったのかは良く分かっていませんでしたが、旭川の家具文化が影響している気もしました。それにしても、日本で比較的住宅のサイズが大きい北海道向けの家具もアメリカでは全く通用しなかったのも興味深いです。
イケアと同じく、創業期にポーランドの家具工場と取引があったのも初めて知りました。
それにしても日本の郊外での出店が地主の都合に左右され過ぎな気もして、過疎地や限界郊外地が多い理由の一端はここにある気もします。

 

書評『昭和の東京郊外 住宅開発秘史』

今の日本の住宅地が何故こういう風になっているのか、少し分かるような本でした。

 

住宅広告に関してはヨーロッパの住宅広告という本を読んで以来独特の面白さを感じてはいますが、昭和30年代の住宅広告の雑さを見るとびっくりするというかなんとも言えない気持ちになりました。
それにしても何でこんなに小規模な民間の住宅分譲開発会社が活躍できたのでしょうか(P38)。シリコンバレーを開発したアメリカのドナルド・ブレン氏のIrvine Companyみたいに億万長者のような方が生まれなかったのも興味深いです。戦前だと国立市を開発した西武グループ創業者の堤康次郎氏のような方がいたと思うのですが、戦後に宅地分譲開発された郊外地域の「雑さ」のようなものも感じます。
P41では「住宅難」を大まかな背景として指摘していますが、そもそも日本のベビーブームの時期は何故戦後すぐなのか、不思議です(戦争直後の危機的な状況下で子供をわざわざ作って更に状況を自ら難しくするのは何故なのか)。ドイツ、イタリアを含む他国のベビーブームは少し後だったと思うので。。。

 

住宅営団に関する章も興味深かったです。この本では「軍都」として発展した相模原 などが紹介されていますが、軍事関係の工場で働く労働者用に住宅を大量供給する発想はもう少し詳しく知りたい気もしました。軍人に対しては住宅は供給されていたのでしょうか。アメリカのva住宅ローン  もうそうですが、各国の住宅政策に於ける軍の影響というのは面白そうなテーマな気がします。

ちなみに、紹介されている14箇所のうち10箇所は何回か行ったことある街でしたが、このような歴史を知り何か新しい街の魅力を発見した感覚はないかもですね。
大宮の「埼玉県立歴史と民俗の博物館」があるエリア、検見川の「東大検見川総合運動場」があるエリアなどは訪れたときに独特の魅力を感じましたが、少しその理由がわかった気がするぐらいでしょうか。第七章でスプロール開発の事例として紹介されている多摩美の近くでは、つい最近でも里山を壊して区画整理・宅地分譲しており、まさに「原風景は一瞬で失われた」気がしましたがどうでしょうか。

いずれにせよ、これらの街に住んでいる人は、この本を読んで新しい魅力を感じたでしょうか。昭和30年頃の人がフリーダムに無秩序に行なった住宅に関する選択は結局は街の歴史を積み重ねるよりも負債を積み重ねただけなのかもしれません。

 

 

書評「平成金融史」

思ったよりも知らない金融機関が多く出てきてビックリしました(それだけたくさんの金融機関がこの期間に潰れたか統合されたということです)。

比較的知っていた1997年~2019年までの山一破綻、大蔵省接待汚職事件、長銀破綻、竹中プラン、リーマンショックアベノミクス、質的量的金融緩和、マイナス金利などについては一連の流れを再確認する良い機会となりました。

こうやって振り返ると、やはり「地価下落」→「銀行の不良債権増加」→「銀行の貸し剥がし」→「企業活動の停滞」→「地価下落」のような悪循環を止めるのに非常に時間が掛かっていたことを改めて実感します。「不良債権処理」に色々なリソースが投入されていたわりに、根本の「地価上昇」にほとんどリソースが投入されていないように見えるのも不思議です。P231で日本が2005年頃にこの悪循環を脱したのは新興国経済の発展という点があると指摘されているように、自力では経済回復は難しかったように思います(新興国経済の発展の恩恵を受けられるように環境整備をしていた面はあると思います)。
そういう意味で、1992年頃の段階で「公的資金注入」を宮沢喜一氏が主張していたの驚かされます(P29)。
結局、2008年リーマン危機のときのアメリカ政府のように、ゲームを一度リセットして、新しいゲームを始めるしかなかったのでしょう。
新しいゲームのルールの制定をする権力を行政は持っていましたが、自分たちの省庁内部の力学がその権力を動かしていました。新しいルールは作られず、手段と目的が逆になったかのように、「不良債権処理」が絶対的なゲームになりました。
とはいえ、総会屋に資金援助したり、良くわからない企業に対する不正融資を積み重ねてきた金融機関を税金を使って救済するのは感情的には難しかったと思います。更には、行政も大蔵省接待汚職事件に見られるようなだらしなさもありました。

基本的な倫理観を欠如している人たちが経済活動の中心に居ると何が起こるのか、そのことをこの平成の金融史は示唆していると感じました。