全球観察

全世界の様々なトレンドを記録していきます。

憲法9条と国連憲章51条と曖昧で灰色な何か

日本国憲法9条は正直意味あるのかなと思う。国連憲章51条が規定するように現在の国際安全保障は集団的安全保障体制であり、日本が単独で国際紛争を解決する手段として武力行使を行うことはほぼ不可能であるし、また同時に現実として様々な多元的外交チャネル…

ルールと資本主義

とてもおもしろい本だった。 現在の資本主義の問題点や資本主義の成立に於けるルールの重要性をとても強く感じた。そして多くのルールを改正し公平なものにすることで資本主義はより良いものになるという筆者の主張に同感だ。 最後の資本主義 作者: ロバート…

【ネタバレ有り】ララランド

ララランドを観た。 ↓ネタバレ有り 観終わった瞬間は何というか盛り上がりに欠けた。正直駄作だと思った。 部分的に色彩やファッションや雰囲気や俳優/女優やダンスや静止画は良いところもあるなと思ったけれども、総合的に上手く入り込めなかった。まあ、こ…

etax

etaxをmac(10.10.5)で行った。 会計ソフトが使った.xtxはetaxのweb版には使用できないはずだが、firewallを一時的に切ったらupload出来た。ただsafariでは無理だったので、firefoxで行った。 電子納税とかマイナンバー行政は他国だとどんな感じなんだろう。…

大統領令と司法府

イスラム教圏を中心とする7ヶ国からの移民/難民を米国に入国させない米国大統領令が発布された。 www.whitehouse.gov 移民の国アメリカの理念の保持という観点から多くの反対を招いたが、同時に世論調査では半数程度の米国民の賛成がみられた。 そもそも論と…

今の不動産価値って

日経の都心部マンション価格高騰みたいな記事読んだ。 http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12534660U7A200C1EA1000/ >高騰した直接の要因は建設現場における人手不足で工事費が上がったことだ >借入金の金利負担を抑えるために、多少の値引きをして早めの…

バブル政治をもう一度

物価水準の財政理論とは、政府が財政赤字を意図的に作ることで、インフレが起こり、逆説的に財政再建が可能になる。今の財政状況を放置していずれ来るであろうコントロール出来ない長期金利上昇やインフレを招くよりも、コントロール出来る可能性の高い意図…

逆に

トランプ氏の大統領就任を契機に、世界的に2国間FTAが普及し、「地産地消」の流れが停滞し、逆に世界的に貿易量が増加するということはあるのだろうか。 それとも保護貿易からの国家間の対立の激化となるのだろうか。

感覚的な話

感覚的な話。 2016/12/4のイタリアの国民投票・オーストリアの大統領選挙。2017/3月のオランダ総選挙。2017/5/7のフランス大統領選挙。 こうした投票を通じてEUは、右派政党の台頭・EU分裂傾向を示していく気がする。 ドイツ銀行やイタリアのモンテパスキ銀…

1492年と元素

1492年と元素を中心に知識を深めていくと良い気がしてきた。

世界秩序へのリスクに彼の死も追加して下さい

中央アジア・ウズベキスタンのカリモフ大統領が死亡したようだ。彼亡き後の権力の空白がどのように解決するのか、類似の事態は他の地域の独裁国家でも発生するのではないか、など世界秩序に新たな不確実性が生まれたようだ。資源価格の乱高下、テロの多発、…

中国の長い国境と東側の安定という彼らの核心的利益

キルギスにある中国大使館に対して自爆テロが起きたらしい。 www.nikkei.com ふと、以前新聞で読んだ中国の研究者(女性?)の「中国の歴代政権は長い国境線の一部が不安定化して行くことで崩壊していった。中国にとって歴史的にも最も不安定なのは西側の国境線…

リーダーが変わるだけの話

英国がEUを離脱することになったらしい。 EUはドイツのリーダーシップが強くなってからいろいろと上手く行っていなかったようだ。英国民は違うリーダーを求めたということなのだと思う。 それにより税金・規制などのルールは変わるだろうがそれだけの話だろ…

その行為で、結局世界はどうなるのか

米国のオバマ大統領の広島での演説はyoutubeで見たり原文を見たり確認のために和訳を見たりしたときは素晴らしいなと感じた。 「私たちは何故ここに来るのか」。ただ、冷静に考えると米国のオバマ大統領が広島に来た理由が意外に良く分からない。 日米の外交…

最近の書店に関する雑感

私は年間に80~100万円程度新刊書籍を買っているが、書店に関して思ったことをつらつらと書いてみよう。 まず一番好きな書店は、京橋の八重洲ブックセンターである。 毎月月初にここに行き、エレベーターで8Fに行き1階ずつ下りながら本をカゴに入れていくのが…

代表なくして課税なし

最近の自分の心理は、代表なくして課税なし。

時代の移り変わりと持続可能性

家の近くに都内では結構有名なカフェブームの発端となったらしいおしゃれ系カフェがある。 最初はそんなこと知らなくて、引っ越ししたころに散歩がてら入って結構良いなと思って、これからの生活で結構行くことになるのかなと思ったけれども、結局ほとんど行…

コンテンツ配信に関する雑感

dtvの独自コンテンツの「裏切りの街」を見た。 ストーリーはありきたりな、日常性に埋没した男女が不倫に走るみたいな感じ。逆にありきたりだからこそ、役者の演技やその他スタッフの技術力が必要なのだろうけれども、その点では結構クオリティーは高いと思…

ボクにとってのラストワンマイル

ヤクルトレディーは毎週月曜日の午前8時半に来ます。ヤマトも佐川も荷物はそのヤクルトレディーに渡してくれませんか。日本郵便は来ないで下さい。

日本政府がある程度意図しながら作った状況なのかな

イスラム国と言われる武装集団 or 国家?が日本人人質2人を取っている。約2億ドル or ヨルダンの政治犯の釈放を主張している。情報が錯綜しているが、ふと日本政府の政治技術が長けている気がしたのでメモ。 今回の事案に於けるイスラム国側の選択肢: ①約2億…

The Economistの年末号を読みながら適当に2014を振り返る

The Economistの年末号を読みながら適当に2014を振り返る まずはThe world this yearから 1、ウクライナで政変が発生→ロシアが東部ウクライナに"侵略"し、クリミア半島がロシアに。 →EUと米国を始めとする諸国は経済制裁。2、石油価格が大幅に安くなる ←世…

後輩に伝えたいこと

①強く求めるべき ②しっかりとfuck youを言おう

日本版『PLAYBOY』を作るべき

まずピーター・フランクルの『ピーター流外国語習得術』を引用しよう。 二人は悲しい顔をして出かけました。でも、帰ってきたときにはなんと『プレイボーイ』を六冊も持ってきてくれました。うれしくてうれしくて、真ん中にある見開く三ページぐらいの大きさ…

Chromebookのメモ

Googleの提供する"Chrome OS"を使ったChromebookがデスクトップ環境を変えそうだ。特に、新興国や法人向けデスクトップ環境が大きく変わる可能性がある。そのようなことを今月13日に次の記事を見て思った。 Chrome OSでWindowsアプリ実行が可能に〜米Google…

井上章一『パンツが見える』書評

私達の羞恥心が時代によって異なっていたこと、人々の価値観が移ろいやすく絶対的でないこと、そのようなことをこの本は示している。 現代の感覚とは相当異なるが、昭和初期までは日本の女性はパンツを履いておらず、また履きたがっていなかった。同時に恥部…

高木徹『戦争広告代理人』書評

確かに奇妙なことだった。1992年から1995年まで続いた「ボスニア内戦」は内戦であるのにセルビア系住民だけが国際社会から避難を浴びていたのだ。「民族浄化」的戦争行為は他民族の住民達もしていたのにセルビア系住民だけがしていたことになっていたのだ。…

『神待ち少女』という本を読んだ。

『神待ち少女』という本を読んだ。 著者の黒羽氏 によると近年、泊まれる場所や食事を肉体的な報酬なし=無償で提供してくれる人を待っている少女達がいるそうだ。そうした背景には両親などからもらえなかった「無償の愛」や「終わらない日常」へのスリルを求…

今日本ではモンブランズが相当面白い

そんなことは知っています。 モンブランズ【大門寺流気合武術拳法】コント - YouTube モンブランズ トゥインクル1グランプリ2013 エントリーネタ動画 - YouTube

鹿島茂『デパートを発明した夫婦』書評

鹿島茂著『デパートを発明した主婦』では、19世紀に誕生した「デパート」が資本主義社会の成立にどのように貢献したかを示している。 「デパート」は圧倒的な品揃えと生活スタイルの提供で「消費者」を創出したのみならず、そうした商品を管理するための生産…

日本社会を変える政治手段としての「北方領土」問題

ロシアとの「 北方領土」問題が進展しそうだ。どのような方向性で進展するにせよ、現実的な解決策を模索する上で必ず通らなければならない問題は「今住んでいる住民たちをどうするか」である。 小熊英二氏の『私たちはいまどこにいるのか』に【「北方領土」…